意志の弱い紙切れ

日本国内では、ジェームズ・ベックマンの著書「幼児教育の経済学」がベストセラーとなった。(中略)ベックマンは、研究により子ども時代に虐待を受けたり十分なケアを受けられなかった(逆境的小児体験 ACE)の場合、「成人してからの病気や医療費の多さ、うつ病や自殺の増加、アルコールや麻薬の乱用、労働能力や社会機能の貧しさ、能力的な障がい、次世代の能力的結果等と相関的関係」があることを示した。

と、教科書に書いてあった。
そう言えば最近、教科書が正解とは限らないということを教育の歴史や法律を学ぶ中で、理解した。戦前〜戦時中にかけては愛国心の大切さが説かれていたし、現在は「過去の過ちを繰り返さない為に私たちに出来ることを考えましょう」と、平和の尊さが語られる。教育、教科書、それを伝える教師は、一概に言い切れないが、その時の国際状況の影響を多かれ少なかれ受けているんだな。当たり前のことだけど、改めて文字にしてみると、そんなもんなんだよな。とも思う。教育は、時代の流れと共に変化し続ける。

少し前に教育勅語を園児に暗唱させていた幼稚園が話題になった。そのことに関してある先生は、今の日本は戦前と同じことをしている。このままでは戦争に…と講義で話しており、その考えに染まっていたのだが、一歩下がって見つめてみると「それは、日本国憲法教育基本法の視点からの見解でしょ」と思う自分がいた。

学べば学ぶほど視野が狭くなる。気がつけた私は「一歩下がる」を手に入れたから、きっと少し前の自分よりは強くなれたはず。

冒頭に戻る。じゃあさ、不利な状況で育った人が大人になっても不利なんだとか、そんなのこの目で見て、聞いて、探してみないとわからない。教科書は、世界や国内の影響を大きく受けた意志の弱い紙切れなんだから(作った人に怒られそう。作った人の意志が強かったとしても教科書になった瞬間にその意志は私のような捻くれ者に疑わしい目で見つめられる文字となる)

真実や正しさはいらない。現実をこの手で掴み、見つめ、最も効率的な解決策を編み出す為に今の私ができることを考えてみることにする。

無題

「生きづらい」


この一言で表したくなんかないし、あんたらが想像しているより少なくとも100倍は悩み苦しみの中にいて。葛藤。身体中に染み込んだ複雑な記憶が常に疼いている。身体は耐えられずに悲鳴をあげる。情けない。

ああ、昨日も、今日も、生き延びたし
きっと明日も、大丈夫。

私の名前は死に損ない
両親に望まれずに生まれてきた
だが、私に対する愛はあった
深い愛と、深い憎しみの狭間で呼吸していた

だから、私に二面性が存在するのだろうか
気分の落差が激しすぎるのだろうか
じっとしていられないのだろうか
リスカをしたのだろうか
薬にハマったのだろうか
怖くて怖くて悲しいのだろうか?
だから、だから、
何かに依存しないと
立っていられないのだろうか

日常がちょっと。何かがあった。あまり思い出したくはない。何かの積み重ねと、外のギャップに戸惑い足踏みをした。育ってきた環境とは一体、人格に、人生に、どのぐらいの影響を及ぼすのだろうか?




私は100だと考えている。




その100に何かが積み重なる。110 120 130…
その何かっていうのは、小さな幸せだったり、絶望だったり。

「プラスとマイナスが半々で均等を保っているのかもね」ある人がそう言った。私はマイナスの側面にしか目がいかない。人間は思考を手に入れなければ…文明や科学技術が発展し、現在のような暮らしを手に入れることはなかった一方で、戦争や残酷な事件、虐待、差別が起きることもなかったのだ。目黒や千葉の事件だって起こらなかった。

私は、怒りを表現したくてたまらない。

「何が未来だ。希望だ。幸せだ。ふざけるな。助けてよ、死にたいよ」

傷を負った、惨めで愚かな幼い自分が、今日も必死に何かを訴えている。

理不尽は なくならない。だからこそできること

人は皆、受け入れなければならない現実を目の前にして、どうにもならない思いを胸に残すのだろう。


〝繰り返す過ちのその度
人は ただ青い空の 青さを知る〟


今日も戦争で命を失う人がいて
お腹を空かせて死んでいく子どもがいて
差別や偏見で心をズタボロにされる人がいる

こんな理不尽を世の中から完全に消し去ることは不可能で、目を向ければ向けるほど、どうしようもない理不尽で溢れていることに気がつく。「自分には関係ない」そう思っている矢先に降りかかる災難に足を取られ、人は自分の無力さに悲しみ、もがき苦しむのだ。

そしてこの歌詞の後にはこう続く。


〝果てしなく道は 続いて見える
けれど この両手は 光を抱ける〟


私はこの部分を歌うとき、心の奥深くに確かに存在しているはずの、燃え尽きたとしても沸々と蘇るしぶとくて尊い希望を伝えようとする。


人って小さい
降りかかった災難に飲み込まれる
人って何にもできないんだ


でも、あなた達1人1人の両手で光を抱くことはできる。絶望の中にいたって、どんなにダサくてもいいから希望だけは捨てないでほしい。少しでいいから前を見つめてほしい。強く優しく、目で訴えかける。自分の中にいるネガティブちゃんに言い聞かせているのかもね。

降りかかる災難や理不尽な現状をすぐに変えることは難しい場合が多い。苦しくて悔しくて、悲しくて 心がバラバラになって怒りが湧き出てきた。地獄だった。

それでも「今の自分にできること」を考えて少しずつ確実に積み重ねていくしかない。それが今の私にとっての生きる意味であり、未来の私の財産となるのだろう。

と、無理やり言い聞かせて明日も笑う。
無理やりでも笑えるようになったのは、支えてくれる人のおかげ。ありがとう。

私はやっぱり声にならない心の叫びに気がついて、拾える人になりたいと強く思う。「助けて」と言いたくても、助けを求める方法がわからなくて長い間苦しんできた。ひとりぼっちで取り残されていた。

きっとこんな私にしかできないことがある。
私にしか気がつけない思いがある。
だから大丈夫。
生きて夢を叶えるために、前を向こう。


今辛い人に届け‼️
私は様々な困難を知りたいと思いアンテナを張っているが、まだまだ知らない苦しみがたくさんある。まずは声にしてみよう。どうか、希望を捨てないで。